Unknown -はてなブログ版-

季刊ペースで人力飛行機や鳥人間コンテストについて情報を追い掛けるブログ

第43回鳥人間コンテスト(2021)当落まとめ(5/1 22:40)

鳥人間コンテストの当落情報を簡易的にまとめています。コメント欄もしくはtwitter@jinrikiplaneで情報お待ちしてます。なお、部門分けは暫定的かつ間違いも含むものであることをご了承ください。

人力プロペラ機部門

滑空機部門

落選

本年度出場見送り【更新中・確認中】

*1:現校名、つまり「府立」は今年でラスト

*2:初出場!

第43回鳥人間コンテスト(2021年)、開催告知

いつも「鳥人間コンテスト」をご支援いただき誠にありがとうございます。2020年は新型コロナウイルスの影響を受け、大変残念ながら大会を開催する事ができませんでしたが、2021年の「鳥人間コンテスト」開催を目指し、出場チームを募集致します。

2021年開催予定の第43回鳥人間コンテストについて、出場希望者説明会の開催が告知されました。申し込み〜説明会までは昨年とほぼ同様のスケジュールとなっており、説明会への申込みは2020年1月8日(金)まで、説明会は2021年1月17日にオンラインで開催となっています。この日程は、概ね例年の1ヶ月遅れです。また、地味な変更点ですが、説明会への申込み手段としてはがきが削除されています。*1
告知の中でも述べられている通り、2020年度の鳥人間コンテストは新型コロナウィルス感染拡大の影響で中止となりました。大会のナンバリングは2020年に開催予定だった「第43回大会」のままとなっており、これは経済危機の影響で中止となった2009年の際の対応と同じです。

やはり気になるのは感染拡大が周期性を持ちつつも止まらないことですが、私自身としては来年度の開催自体には楽観的な印象を持っています。感染拡大が来年夏までに収まるというよりは、なし崩しに経済活動が再開されてしまっている現在の状況を鑑みての話ですが……そのあたりも説明会で触れられることになるのでしょうね。懸念すべき最大の問題は、大学のサークル活動の再開状況にばらつきがあることかと思います。ここが止まるとまた開催が危うくなると思いますが、こればかりはなんとも。
ということで、手洗いうがいの励行やマスク着用の徹底など、感染対策をしっかりやっていきましょう。それが来年度開催の礎になると考えます。

*1:コロナ対応でしょうね

人力飛行機日本記録保持者の増田成幸選手、東京五輪ロードレース代表入りをほぼ確実に

詳しい経緯は上の記事に譲りますが、東京五輪の自転車ロードレース代表ランキングで増田成幸選手が2位となり、代表入りをほぼ確実としたとのこと。
増田成幸選手といえば、2005年に日本大学理工学部航空研究会の機体に乗り込み、約50kmの飛行距離で日本記録を樹立された方です。この記録は現在も破られていません。


#233平成17年度日大NEWS Vol. 4
(日本記録樹立時の映像は8分30秒から)

その後2010年にも同様の挑戦を行われていますが、その際は不時着水、腰椎骨折の大けがという結果となってしまいました。その後競技への復帰を経て国内ロードレースチームの宇都宮ブリッツェンで活躍を重ねられていたそうです。

まだ確定というわけではないですし、そもそもオリンピックの開催すら不確定な状況ではありますが、人力飛行機パイロットが檜舞台に立つ可能性があるというのは嬉しいことですね。代表入り決定、オリンピックへの出場を願っています。

飛騨エアパークでのTF中事故で消防が出動、パイロット含む関係者に怪我無し


人力飛行機が風にあおられ木に引っかかる事故 操縦者は2時間後に救出 岐阜県高山市 (20/10/18 17:57)

2020年10月18日に名古屋工業大学人力飛行機研究会NIEWsさんが実施されたテストフライト中にクラッシュが発生し、救助のため消防が出動する事態となったとのこと。幸いにもパイロット他の関係者に怪我はなかった模様です。
名古屋工業大さんの報告(上記リンク参照)によれば、機体はロールアウト後1回目のフライト。重心位置を確認するためのジャンプ飛行を行っていた際、横風に機体が煽られ滑走路脇の林に突っ込む形となってしまい、スカイスポーツで言う「ツリーラン」の状態となってしまったとのこと。自力での救出が困難となってしまったとのことです。

この事故に関しては、「飛行機はペダルをこいで飛行するタイプ(名古屋テレビ)」「発泡スチロールのような物で手作りされた機体(東海テレビ)」「グライダーの練習をしていた(岐阜新聞)」などと色々なワードが飛び交っていることが興味深く、人力飛行機を社会としてどう扱うべきか*1という視点からも気になるところはあるのですが、とにかく関係者が無事で何よりです。
また、人力飛行機の安全対策については弊ブログでも過去に以下のようなエントリを書いています。参考程度にどうぞ。
jinrikiplane.hatenadiary.com

*1:もしかすると法規からも?